×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ミニバンやハイブリッドカーばかり

自動車メーカーが積極的にスポーツモデルを作らなくなったからどのくらいたつでしょう。

 

道路を見てみればハイブリッドカーやミニバン、軽自動車ばかりがあふれていて、一日の中でスポーツモデルを1台も見なかったこともたびたびあるぐらいです。

 

自動車メーカーも人間によって動かされているところですからこれ以上スポーツモデルを作らない期間が長引くと最終的にはスポーツモデルの作り方を忘れてしまうのではないでしょうか。

 

最近あたらしく作られたスポーツモデルといえばトヨタの86とスバルのBRZですが、これはこれでスポーツモデルとしての条件を満たしているのですが、次が続きません。

 

ちょっと笑ってしまったのが、トヨタがハイブリッドカーのプリウスやアクア、コンパクトカーのヴィッツ、ラグジュアリーセダンのマークXに特別なボディカラーと専用のエアロパーツ、専用の足回りをつけて、それをスポーツモデルとして売り出しているには笑えました。

 

プリウスやアクアは低燃費を目指す車ですし、ヴィッツは街乗り車、マークXはスポーツモデルだなんだといわなくなった年代が乗る車です。

 

それを無理やり、いろいろなパーツをつけてスポーツモデルらしい車に仕立てるのはかなり無理があるのではないでしょうか。

 

もしかしたら買う側もスポーツモデルが少なくなってきてスポーツモデルがどういうものかわからなくなったのでしょうか。

 

作る側も買う側もきっとスポーツモデルがどういうものか忘れてしまったのでしょう。

 

こんな車が売られるようでは日本の自動車界はある意味進化ではなく退化しているのだと思われます。